dieci 208

  • Oct 31,2019

    鹿児島を拠点に国内外で活躍されるウッドターナーの盛永省治さんの個展を開催いたします。木の塊から轆轤挽き(ウッドターニング)と呼ばれる技法を用いて削り出される作品の数々。木目の表情や節など、素材自体が持つ魅力を十分に生かしつつ、盛永さんらしいニュアンスを加えた木の器は、美しく繊細ながら力強さも感じられます。今回はボウルやベースを中心に貴重な樹種を用いたプレートなどが並びます。ぜひご覧くださいませ。 11/16sat-11/24sun

  • Oct 12,2019

    ポルトガルはヨーロッパ・ユーラシア大陸最西端に位置し東と北にスペイン、西は大西洋、南に海を渡ればアフリカ。日本の国土の1/4と小さいながらも南北に長い地形は暖かい地域から雪の降るところまで、四季があり自然と表情に富んでいます。ポルトガルに行って感動するのは、”何も無いけれど全てある” ところ。経済的に決して豊かでなかった分、奇跡的に残る手仕事や自然と共存した生活、穏やかで大らかな人びとと時間の優しさ、”無い”分自らの手でつくり出すクリエイティビティ。どこへ行くでもなく、居るだけで心がほどけて満たされる気がする。そんな土地で出会った人や手仕事の魅力を伝えたくてはじめたのが “MÃO/PORTUGAL” です。(MÃOは手という意味)展示ではCASTELLA NOTEがこれまでポルトガルでのフィールドワークを通して出会った昔ながらに生活の中でつくられ育まれてきた手仕事、また独自の哲学をもってインディペンデントに活動する若手クリエイターの作品を紹介します。是非この機会にポルトガルの空気を感じて下さい。 text by  CASTELLA NOTE CASTELLA NOTE MÃO/PORTUGAL 10/19土-27日 12:00-19:00 close 火 at 208

  • Oct 12,2019

    沖縄の伝統的な琉球張子の作り方で、ユーモラスなモチーフの張子作品やイラストなど、幅広く活躍されている豊永盛人さんによるロードワークスの展示を行います。今回はギリシャ神話をテーマに、楽しい作品が一堂に並びます。イベントスペースいっぱいに広がる豊永さんの世界に、是非触れにいらしてください。    10/5(土)午後・10/6(日)15時頃まで豊永盛人さんが在廊予定となります。 また会期にあわせましてワークショップを開催致します。こちらも是非ご参加下さい。 「豊永盛人の大ギリシャ神話展」 10/5(土)  – 10/14(月) open 12:00-19:00 定休日 火 at dieci208(南船場店)

  • Oct 12,2019

    台風19号の影響により、本日10/12(土)はdieci各店舗臨時休業とさせて頂きます。ご来店を予定して下さっていたお客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご理解下さいませ。 なお、「豊永盛人 大ギリシャ神話展」は10/14(月・祝)までの開催となります。2020年度カレンダーや売り切れていた張り子など追加アイテムも届いております。日・月と皆様をお待ち致しておいますので是非お越し下さいませ。

  • Sep 15,2019

    会期が始まって以来、沢山の方がブリュックに初めましてのご挨拶をしにご来場頂いております。 この度、大変ご好評を頂いておりますので会期を明日16日(月)まで延長させて頂きます!まだご覧になっていない方、是非この機会にご来場くださいませ! 「はじめまして、ルート・ブリュック」展 2019.8.31 土 – 9.16 月 at dieci208 CLOSE (9/3,4,10) OPEN 12:00-19:00 ルート・ブリュック「蝶の軌跡」 2019.9.7 土-10.20 日 OPEN 10:00-18:00(入館は17:30まで) CLOSE 月 (9/16,23,10/14は開館、9/17,24,10/15は休館) at 伊丹市美術館

  • Sep 01,2019

    岡山・倉敷の石川硝子工藝舎・石川昌浩さんの吹業20周年記念の硝子展を開催いたします。定番の吹きガラスはもちろん、古い吹き型を元に今巡回展のために作られたアイテムが並びます。また石川硝子の10人の配り手によるエッセイと10人の写真家によるポートレートを掲載した書籍「石川硝子工藝舎吹業20周年」を販売致します。石川硝子工藝舎の20年に及ぶ吹業の集大成とも言える今回の個展。是非みなさまご来場下さいませ。 online shopでも石川さんの作品を一部ご紹介しております、ぜひご覧くださいませ。 「石川硝子工藝舎20周年記念 展」     2019.9.21 土 – 29 日     open 12:00-19:00     close 火     at dieci208

  • Aug 11,2019

    ルート・ブリュックは、北欧・フィンランドを代表するセラミック・アーティスト。アラビア製陶所の専属アーティストとして世界的に活躍し、初期の愛らしい陶板から晩年の迫力ある タイルレリーフまで、叙情性あふれる表現が今も多くの人びとを魅了しています。そんなブリュックの展覧会がこの秋、伊丹市立美術館にやってきます。それに先駆けて、dieci208で行われる「はじめまして、ルート・ブリュック」展は、これからブリュックと出会う人のための自己紹介のような展示です。セラミック作品数点のほか、ブリュックにとって大切なインスピレーションの源であったフィンランドの北限 ・ラップランドや、彼女が滞在した夏小屋の風景も紹介し ます。美術館よりもひと足先に 、ブリュックの世界観に触れてください 。 「はじめまして、ルート・ブリュック」展 2019.8.31 土 – 9.15 日 at dieci208 CLOSE (9/3,4,10) OPEN 12:00-19:00 ※dieciでの開催は終了致しました。 ルート・ブリュック「蝶の軌跡」 2019.9.7 土-10.20 日 OPEN 10:00-18:00(入館は17:30まで) CLOSE 月 (9/16,23,10/14は開館、9/17,24,10/15は休館) at 伊丹市美術館

  • Jul 27,2019

    福岡県三潴郡にアトリエを構える宝島染工。古くから伝わる藍、草木、墨、泥などの天然染料による染色技法を用い、今の時代に合う洗練されたデザインのお洋服や雑貨を生み出しています。今回のイベントでは使い込む程に愛着の湧く、天然染料の良さを存分に感じて頂く事が出来る素敵なアイテムが並びます。是非この機会に美しい天然染めの世界を体感してみて下さい。 宝島染工 展2019.8.17 土 – 8.25 日 OPEN 12:00-19:00 CLOSE 火 at dieci208

  • Jul 06,2019

    台湾・台北近郊にアトリエを構える服飾デザイナー鄭惠中(ヂェン・ホェヂョン)。台湾全域に点在する先住民族の精神性の高い豊かな文化に触れた事をきっかけに生まれた鄭さんのアイテムは、デザインや素材にこだわった普遍的で着心地が良く、老若男女どなたにも身につけて頂きたいものばかりです。また、カラー展開が非常に豊富で必ず自分に似合うお色と出会えるのも魅力です。今回の展示では、定番アイテムから秋に向けて活躍してくれそうなお品物が揃います。 ヂェン・ホェヂョンの衣を纏う 62019.7.20 土 – 7.28 日

  • Jun 24,2019

    イイダ傘店のデザイナーであり職人である飯田純久さんの原画を集めた本「スケッチ」の出版を記念して、原画展を開催致します。現在までの原画を一挙にご覧頂ける、貴重な機会となっております。是非この機会にご来場下さいませ。なお会期中イイダ傘店・夏の傘展は芝川ビル店にて開催致します。是非あわせてご覧下さい。詳しくはこちらからご覧下さい。 飯田純久  「スケッチ」出版記念・原画展 7/5Fri-15Mon at 208

Event

  • STUDIO PREPA TRANSPARENT

    2022.7/9-18