• Mar
  • 21
  • 2020

牛ノ戸焼の掛け分けの器。

DSC06526.JPG
鳥取の牛ノ戸焼(うしのとやき)の器をご紹介いたします。鳥取県鳥取市河原町の窯元である牛ノ戸焼は、代々徳利やすり鉢など、日用の雑器を焼いていました。民藝運動の最中、吉田璋也や柳宗悦、バーナード・リーチなどの激励と指導により窯を絶やすことなく現在に受け継がれました。美しい釉薬の掛け分けの器は鳥取の山、海、土、そんな美しい自然を彷彿とさせます。和洋問わず合わせやすく、毎日使いたくなる美しい器です。online shopにもご紹介予定となっておりますので、ぜひご覧くださいませ。
DSC06528.JPG

«back