• Dec
  • 13
  • 2019

海辺の鳩- Havsduva -発売のお知らせ12/16~

IMG_9133.JPG
ストックホルムから南東へ20km程の場所に位置する港町、グスタフスベリ。フリーベリ、スティグ・リンドベリ、そしてリサ・ラーソンなど北欧を代表する名だたる作家が在籍し独創的で美しくありながらも実用性のある陶芸作品を生み出してきたスウェーデンのGustavsberg社の伝統と技術を受け継ぎ、職人の手仕事による作品作りを継承している「Keramikstuidon Gustavsberg社。今回mina perhonenのデザイナーである皆川明さんのデザインによる鳩のオブジェ「海辺の鳩-havsduva-」の企画をdieciにて行いました。皆川明さんが粘土で形づくった鳩のフォルムをベースに、グスタフスベリにて型を制作、それに皆川明さんがハンドドローイングしたものを基に職人が一つ一つ絵付けをして作られています。

北欧のマリンブルーを想起させるような深く、清らかな青色。手書きされ一つ一つ表情が異なります。愛しくも切ない表情の一羽の鳩。12/16よりdieci各店舗にて販売いたします。(初回生産分に限りがございますが、再度入荷いたしましたらご案内となります。)
12/16よりmina perhonen京都店、piece、Tokyo、material、leave Ⅱ、東京都現代美術館「ミナペルホネン/皆川明 つづく」展(会期中併設ミュージアムショップ内)※ミュージアムショップは12/17より発売です。

«back