• Oct
  • 12
  • 2019

CASTELLA NOTE MÃO/PORTUGAL

001.png
ポルトガルはヨーロッパ・ユーラシア大陸最西端に位置し東と北にスペイン、西は大西洋、南に海を渡ればアフリカ。日本の国土の1/4と小さいながらも南北に長い地形は暖かい地域から雪の降るところまで、四季があり自然と表情に富んでいます。ポルトガルに行って感動するのは、"何も無いけれど全てある" ところ。経済的に決して豊かでなかった分、奇跡的に残る手仕事や自然と共存した生活、穏やかで大らかな人びとと時間の優しさ、"無い"分自らの手でつくり出すクリエイティビティ。こへ行くでもなく、居るだけで心がほどけて満たされる気がする。そんな土地で出会った人や手仕事の魅力を伝えたくてはじめたのが "MÃO/PORTUGAL" です。(MÃOは手という意味)展示ではCASTELLA NOTEがこれまでポルトガルでのフィールドワークを通して出会った昔ながらに生活の中でつくられ育まれてきた手仕事、また独自の哲学をもってインディペンデントに活動する若手クリエイターの作品を紹介します。是非この機会にポルトガルの気を感じて下さい。 text by  CASTELLA NOTE

CASTELLA NOTE
MÃO/PORTUGAL

10/19土-27日
12:00-19:00
close 火
at 208

«back